モノガタリ

a0125846_10572642.jpg

雨の日に傘をささない男の子がいました。
恥ずかしがり屋で、何でもよく知りたがる、強い目をした男の子。

大事にしたいモノをどうやって大事にしていいかわからなくていつの間にか壊してしまう男の子。

ある日男の子は傘もささず歩いていたら月に着きました。
「どうしてあなたは形を変えてひかるの?」

月は答えました。
「私達は太陽に照らされているの、形が変わって見えるのは明るいところしか見ていないから。太陽はすべてを照らしてくれているのよ」

強い目をした男の子は「私達…?」とその意味を考えながら、振り返るとそこには星が輝いていました。

大事なものを見つけた男の子は何も言わずそっと傘をさしました。


自分の為じゃなく星の為に…。
[PR]

by heartbeach | 2010-03-09 10:57