「ほっ」と。キャンペーン

全てには意味がある

アリス「ねぇ私はどこに行けばいいの?」

ケムシ「あっちでもそっちでも」

アリス「真面目に答えてちょうだい」

ケムシ「じゃあどこに行きたいの?」

アリス「それがわからないから聞いているの」

ケムシ「それじゃあどっちに行っても同じだよ」

道に迷ったアリスが途中で出会ったケムシのおじさんに道を聞くシーン。
確かこんな会話で、一見ケムシのおじさんが意地悪に見える。

しかし、ここでは行き先がないアリスが何を求めるのかが重要で、それがないのならどこに行っても同じなんだ、とケムシのおじさんは伝えている。

全てには意味があって、それを探し、知る事で、自分の求める「何か」をきっと見つけられる。例え上手くいかなかったとしてもそれは糧になり、優しさや輝きは増すんだ。

傲慢で寂しがり屋でひがみ屋の赤の女王は、他人と自分を知る事や、受け入れる事をしなかった。
思いやりを持てないと、人は孤独になってしまう。

不思議の国のアリスはそんな事も伝えたいお話らしいです。
[PR]

by heartbeach | 2010-09-08 01:50 | 日記