「ほっ」と。キャンペーン

君に読む物語

奇跡。
ノアとアリーは出会い、二人はまるでそうなると決まっていたかのように自然に恋に落ちる。
毎日一緒に過ごし、語り合い、愛し合う二人。
けれどアリーの家の両親がそれを許さなかった。ただ家柄の違いで、二人は一緒にいられる方法を探したが、それは叶わなかった。

亡霊
ノアは何かを消し去ろうとするように、よく働いた。自分が止まると時間が戻り、アリーを思い出すと辛くなるから。何かにとりつかれたように、亡霊のように。その何年かの間、よく働き仕事も上手くいく。恋人も出来るが、いつもしっくりとはこない、ノア。
アリーは病院で手伝いをして出会った彼と婚約をするものの、気持ちが迷う。
アリーはその迷いと一緒にある場所へ向かう。




忘れられない人、いますか?
人生の分かれ道。
何を大切に生きて行く。
例えば5年後、どんな自分想像出来る?
[PR]

by heartbeach | 2011-08-20 19:44 | ビーチ