2010年 08月 04日 ( 1 )

鈴木先生

高校の時の先生。
あだ名はガッツ。
ガッツ石松に似ててものすごく怖い体育の先生。

ガッツは、私が二年の時父を亡くしたのを知ってから、私をよく気にかけてくれた。
やんちゃして一週間のキンシンになった時も、ガッツは怒らなかった。
人生の進み方。選び方。
あの怖い口調で優しく教え続けてくれた。

その度に、父が言っていた「何かやるならその一番になれ」を思い出し涙が止まらなかった。

きっと飽きっぽくて何事も長く続かない私に二人は大切なものを大切にする、大切さを教えてくれてたんだと思う。

ガッツのたくさんの言葉の中の一つ。
おまえはスポーツ系の仕事がいいな。

私の幼なじみは知ってるけど、お世辞にも運動神経がいいとは言えない私にガッツは言い切った!

それから10年。
今までした仕事の中でスポーツ系は6つ中3つ。

そして勉強して資格をとりパーソナルトレーナーになりたいとココロを決めた今日。

私の半分はこれまで出会った人に創られている。
そんな気がした今日この頃。夏空日和。
[PR]

by heartbeach | 2010-08-04 21:52